社長ブログ

ブログ内検索

2006年09月26日 コスモス

20060926-1.jpg

 信濃町黒姫高原コスモス園(標高850〜900m)の風景。この町ではコスモスをシンボルに。
http://www.kurohime-kogen.co.jp/cosmos/index.shtml
 標高の高いところから低いところまで咲いています。こうやって群生していると秋の雰囲気に。
 百科事典ウィキペディアによれば「原産地はメキシコの高原地帯。18世紀末にスペインマドリードの植物園に送られ、コスモスと名づけられた。日本には明治20年頃に渡来したと言われる。日当たりと水はけが良ければ、やせた土地でもよく咲く。河原や休耕田、スキー場などに植えられたコスモスの花畑は見事。ただし、河川敷等へ植栽するのは在来の自然植生の攪乱であり、一種の自然破壊であるとの批判がある。」と記述。
 この花、外来種だったのですね。繁殖力が強く病気に強いためかいたるところで野生化。最近は荒廃した畑などに群生しているところも増えました。
 外来種なのに日本の秋花の代表種になっているのですから不思議なものです。同じ外来種で秋に咲くセイタカアワダチソウとは取扱いが雲泥の差。コスモスはなんとなく弱そうなところが好まれているのかもしれません。
日本生態学会外来種リスト キク科
http://www003.upp.so-net.ne.jp/consecol/alien_web/shyokubutu/shyu_index_list.html

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはoavnです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。