社長ブログ

ブログ内検索

2006年10月21日 麻績川と差切峡

20061021-1.jpg

 筑北村と生坂村の境を流れる麻績川の渓谷。山間にあり巨岩や奇岩が連なって風光明媚な所。ここは聖山高原県立自然公園に指定されていますので自然公園法の適用があります。
 この渓谷は河川敷に下りられる所があるので思わず持って帰りたくなるような石もありました。ところで自然公園法には石の持ち帰りについて何か規制があるのでしょうか。
自然公園法
第13条
3 特別地域(特別保護地区を除く。以下この条において同じ。)内においては、次の各号に掲げる行為は、国立公園にあつては環境大臣の、国定公園にあつては都道府県知事の許可を受けなければ、してはならない。
一  工作物を新築し、改築し、又は増築すること。
二  木竹を伐採すること。
三  鉱物を掘採し、又は土石を採取すること。
四以降省略。
第26条  国立公園又は国定公園の区域のうち特別地域及び海中公園地区に含まれない区域(以下「普通地域」という。)内において、次に掲げる行為をしようとする者は、国立公園にあつては環境大臣に対し、国定公園にあつては都道府県知事に対し、環境省令で定めるところにより、行為の種類、場所、施行方法及び着手予定日その他環境省令で定める事項を届け出なければならない。ただし、第一号、第三号、第五号及び第七号に掲げる行為で海面内において漁具の設置その他漁業を行うために必要とされるものをしようとする者は、この限りでない。
一〜四 省略
五  鉱物を掘採し、又は土石を採取すること(海面内においては、海中公園地区の周辺一キロメートルの当該海中公園地区に接続する海面内においてする場合に限る。)。
六ほか省略

 特別地域の許可のみならず普通地域においても届出制の制限がありました。
 ここの規制では土石の採取という表現を用いていますが、土石の採取のみならず移動についても制限があります。大きさについての取決め(規則・要綱等)はないとはいえ小石でも勝手に持ち帰ってはだめでしょう。
 では落葉は?
立科町:自然公園法による国定公園内行為許可申請について
http://www.town.tateshina.nagano.jp/b03_gyousei/20_kikaku/sizen/sizen.html

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはkj9qです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。