社長ブログ

ブログ内検索

2006年11月15日 裾花峡3

20061115-1.jpg

 長野市小鍋地区にある裾花橋と裾花ダム湖のようす。この辺、紅葉がきれいなので写真を写しにくる人もちらほら。橋の脇には小さな滝が見られ、紅葉に花を添えています。
 昭和44年に裾花ダムと裾花大橋が完成、その際ダムの湖底に集落が沈みました。水没した地域は、川下・下楡木・下内・砂田・土合の地区。家屋32戸、土地面積179,266屬湖底に。東京ドーム(建築面積46,755)約4個分が沈んだことになります。
 種類はアーチ式コンクリートダムで総貯水量1500万立方メートル・長さ299m・高さ86mの規模をほこります。これだけの高さがあっても全国ダムランキング2位高瀬ダム(長野県大町市)の半分程度、上には上があるものです。
 でもランキング1位の黒部ダムはよく知られていますが2位以下は話題にすらならない?と思います。高さ2位の高瀬ダムは比較的、黒部ダムの近くに位置しているためか長野県人でも行ったことのある人は少ないようです。自家用車では行けないことも影響しているのでしょう。
 私も行ったことがなく、曽野綾子氏の小説『湖水誕生』にも描かれているので一度行って紅葉を見てみたいものです。
社団法人日本建設業団体連合会
http://www.nikkenren.com/rank/list.php?genre=da
参考文献:戸隠村誌
参考サイト:百科事典ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%80%AC%E3%83%80%E3%83%A0

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはz83gです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。