社長ブログ

ブログ内検索

2007年06月29日 不動滝(中野市)

 中野市柳沢地区にある不動滝、落差25mで水量が少なくてあまり迫力がありません。

20070629-1.jpg

 この滝、高社山の西側の中腹に位置(標高750m)し、もちろん冬は見に行けません。
 観光地化していないので看板もなく入口付近と思われる場所がある程度。虫よけスプレーを入念にし、熊に遭遇しそうな雰囲気の中、道らしきものがわずかにある中を徒歩約30分程度でしたが山をはい上がっていく感じでなんとか到着。大雨時にできたと思われる土石流跡があちこちに。 
 こんなにまでして行く私もまだ若いのかも。

 この不動滝の水はきれいで愛宕山の湧水として長野県の水自慢に選ばれています。
 文献(信州水自慢121)によると「高社山麓唯一の滝「不動滝」より流れ落ちる水が地下浸透し、約1km下の昔修験者が修業した愛宕山の広場と言われる場所に、豊富な涌水となり湧き出した名水です。」と紹介。
 また、中野市誌によると「高社山の火成岩地帯の地下を流れ出た、不純物の少ない水であり、比較的清らかな水」と記述。
 地下から湧き出す水には、何か自然の神秘を感じてしまいます。
 付近には十三仏の石塔、エドヒガン桜(市天然記念物)、天然藤からなる「藤棚」もある所ですが、地元の人や相当のマニアでないと存在や場所もわからない、そんな景勝地かもしれません。
長野県(信州水自慢121)
http://www.pref.nagano.jp/seikan/kougai/k-hp/mizube/mizuziman.htm
引用参考文献:中野市誌、長野県生活環境部公害課編「信州水自慢121」社団法人長野県公害防止管理協会

この記事へのコメント
Re:不動滝(中野市) by モリノブ

熊に会いそうな道を徒歩で30分這い上がるとはすごいです。中野市とはオーソドックスな地名ですね。長野には湧き水も多いみたいですが、我が家ではいつもは南アルプス天然水を飲んでいます。これは甲斐の方らしいです。
 六甲の水もあるのですが、水は迷いますね。私はペットボトルの冷えた水道水を飲んで「このアルプスの水はうまい」と言ってから以降、妻に信用されていません。

Re:不動滝(中野市) by ルン

素晴らしい場所ですが、辿りつくまでの行程がずいぶん危険そうですね。

主人の母が聞いたらめちゃくちゃ怒りそうです (いつも熊の心配をしているので)

でも本当に気をつけて下さいね。

Re:不動滝(中野市) by 杉田

天候に恵まれ、山の緑が美しい、無事に帰れて良かった。我が家も天然水飲むようにしています。

モリノブ様 by 内藤

車に空のペットボトルを入れ、各地の名水をときどき飲んでいます。40歳過ぎてから少しずつ微妙な違いがわかるようになりました。何でも経験が必要なようです。

ルン様 by 内藤

5年ほど前、高原を車で走行中、目の前を若そうな熊が横切っていきました。このとき、思わず「お−」と声をあげてしまいました。山菜採りのベテランの方も言ってましたが、熊の遭遇は思いがけないときだそうです。
ルン様のおっしゃるとおり、熊には気をつけます。
コメントありがとうございます。

杉田様 by 内藤

長野では渇水騒動はありませんし、水には恵まれている県かもしれません。
信州水自慢121の内、12ほど制覇し、あと10ほど行きたいなと思っています。

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはdk7mです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。