社長ブログ

ブログ内検索

2007年11月19日 赤そば畑

 また、山ノ内町夜間瀬から。写真下にある赤い切り取った草みたいなものはソバ。ここら近くにある「須賀川そば」が有名です。
 そういえば最近、赤い花を咲かせるそばが増えてきました。赤いじゅうたんを敷いたようで観光客にも大人気。こういった作物を景観形成作物・景観作物というとか。今、農村の景観整備の一環としてコスモス・菜の花・レンゲなどを植えるところが増えてきました。コスモス通りやひまわり畑は景観形成作物の典型的な例でしょう。
 箕輪町のように観光地化している所もありますので私も飛んでいきたくなります。
箕輪町・赤そば畑
http://www.town.minowa.nagano.jp/Contents/ePage.asp?CONTENTNO=671&PNO=-1

20071118-2.jpg

 文献によると[「ソバは七十五日」といわれるように、ソバは穀物の中で最も短期間に成長する。そのうえ夏ソバと秋ソバの二種があって、春から夏まで播種期が長い。したがって干害、冷害などで水稲の収穫が見込みがたたないことがわかった段階でも、作付けすることが可能であった。その点、大根、蕪(かぶ)、馬鈴薯などとともに、ソバは救荒作物として重要であった。(略)うまいソバは気候が温暖で、土地の肥沃なところではできない。「霧下(きりした)蕎麦」といわれるように、夏でも冷涼で、霧がまくような地域で、上質のソバがとれる。]と記述。
 短期間でとれ、冷害にも強いときてますから長野県ではよく食べられるはずです。それにつまみ的に食べる「そばがき」や「そば揚げ」もおいしくて。
 先日、知人が話していました「この3日間、朝以外蕎麦だけ食べてた」と。
 今、新そばのシーズン、この時期「そば」だけ食べて過ごすのもいいかもしれませんね。
引用参考文献:市川健夫著「信州学大全」742P信濃毎日新聞社
参考サイト
そばがき
http://jiten.kurumaya-soba.com/sobagaki.htm

この記事へのコメント
Re:赤そば畑 by モリノブ

 四国で育ち、うどん党だったのですが、蕎麦も美味しいなあと思うようになりました。蕎麦はたくましいのですね。蕎麦畑はこちらでも結構あるのですが、赤い蕎麦畑とは・・見てみたいですね。

モリノブ様Re:赤そば畑 by 内藤

四国は讃岐うどんのイメージが強いです。昔、四国へ旅行に行ったとき、こしのあるうどんが印象的でした。長野県はそばの産地が多く、そばの味はどれも似たような感じですが、たれは特徴があるように思えます。

Re:赤そば畑 by ルン

雲南省からヒマラヤにかけて咲き広がる、赤やピンクの蕎麦の花。

どんなに美しい事でしょう!
1度見てみたいものです。

ルン様Re:赤そば畑 by 内藤

最近、そば畑は増えました。場所によっては段々畑がそば一色に。荒地や無農薬でもも育つのでこれからもっと増えると思います。中国では菜の花畑もすごい規模と聞きましたからそば畑もすごいでしょうね。

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーは21vsです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。