社長ブログ

ブログ内検索

2008年01月28日 地頭

 長野市飯綱高原の飯綱湖(2007/3/6撮影)から。凍った湖を見るとなぜか映画オーメン3か4を思い出してしまいます。おーこわ。

20080127-1.jpg

 いつのまにか地頭シリーズになってしまいました。そこで地頭について。
 百科事典ウィキペディアによると「頭(じとう)は、鎌倉幕府・室町幕府が荘園・国衙領(公領)を管理支配するために設置した職。地頭職という。守護とともに設置された。平氏政権期以前から存在したが、源頼朝が朝廷から認められ正式に全国に設置した。在地御家人の中から選ばれ、荘園・公領の軍事・警察・徴税・行政をみて、直接、土地や百姓などを管理した。(略)
 頼朝傘下の地頭・守護の公認に対しては、当然ながら荘園領主・国司(=公家)からの反発があり、地頭の設置は平家没官領(平氏の旧所領)のみに限られるようになった(この限定の経緯についても諸説分かれている)。しかし、後白河上皇が1192年に死去すると、地頭の設置範囲は次第に広がっていった。(略)
 1221年の承久の乱での勝利により、鎌倉幕府は朝廷側の所領約3000箇所を没収した。これらの土地は西日本に所在しており、新しい地頭として多くの御家人が西日本の没収領へ移住していった。これを新補地頭(しんぽじとう)といい、それ以前の地頭は本補地頭(ほんぽじとう)と呼ばれた。また、新補地頭の給分を定めた規定を新補率法(しんぽりっぽう)といい、その内容は、
 1. 田畠11町当たり1町を、年貢を荘園領主・国司へ納入する必要のない地頭給田畠とする。
 2. 田畠1段当たり5升の米(加徴米)の徴収権を新補地頭へ与える。
 3. 山野河海の収益は、地頭と荘園領主・国司が折半する。
 4. 地頭の検断により逮捕された犯人の財産の3分の1が、地頭へ与えられる。
(略)新補地頭として西日本へ移住した御家人には、安芸の毛利氏・熊谷氏、豊後の大友氏、薩摩の千葉氏・渋谷氏などがおり、かなり大規模な移住だったため、「日本史上の民族大移動」と評する論者もいる。」と記述。
 地頭の勢力が大きくなった結果、公家の荘園がどんどん狭まっていったので不満が高まったのでしょう。この乱で荘園が3000箇所も没収されたなんて当時の教科書には書いてありませんでした。
 不思議なものでいろいろな乱や合戦が起きた背景を調べてみると思わぬところに行き着きます。でも読んでいただいている方、歴史の勉強みたいで疲れるでしょうか。読み捨ててください。すいません。
 ちなみに長野県に地頭のつく字名や地名が見あたらなかったのでネット(google)で検索してみましたら岡山県浅口市、静岡県牧之原市、京都府舞鶴市、鹿児島県南さつま市、福井県大野市など山ほどありました。

この記事へのコメント
Re:地頭 by モリノブ

 泣く子と地頭には勝てぬ、とはこの辺の事情から来ているのですね。昔もけっこう細かい規定を作っていたのですね。

Re:地頭 by ルン

飯綱湖の写真、スゴイですね!!

凍った湖って、こんな風に白いシャーベットのようになるんですね(もっと透明っぽいのを想像しておりました)

スケートなども出来そうな気がしますが、厚さはどの程度なんでしょうね??

モリノブ様Re:地頭 by 内藤

昔の御成敗式目や班田収受の法は細かくいろいろな事を取り決めています。そうしないともめるからでしょうか。
守護や守護代はよく映画やドラマに登場しますが、地頭はあまり聞きません。地味なせいもあると思います。でもこの言葉、最近死語になってまして久しぶりに聞きました。

ルン様Re:地頭 by 内藤

写真ほめていただいてありがとうございます。1月はワカサギ釣りであちこちでこういった湖面をみることができます。氷の厚さは薄く5cmぐらいでしょうか。もちろんすべれないことないでしょうけど場所によっては薄いのでだめだそうです。昭和30〜40年代はもっと低いところでもスケートができたそうです。

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはl8ztです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。