社長ブログ

ブログ内検索

2008年02月21日 入力支援

 志賀高原のスキ−場から(発哺ブナ平・2008/2/19撮影)。皆さん、恐る恐るすべってました。初心者でしょうか。
志賀高原スキー場
http://www.shigakogen-ski.com/ski.html

20080220-1.jpg

 先日、一太郎2008及びATOKが発売。早速、試してみたところATOKの進歩、特に入力支援及び文章校正機能に舌を巻きました。
 例えば入力支援機能では
「人間」と打ち「ドッグ」を打とうとすると「ドック」が正しいですよと表示(表記ゆれ)してくれます。これは文章を解析して次にくる言葉を類推適用するみたいで。
 それに「あどばんす」と打ち、確定する前にF4のファンクションキーを押すと「advance」に変換してくれたり、「データー」と打ちスペースキーで変換しようとすると「データ」が正しいですよと警告してくれます。数字・カタカナ・アルファベットにも「ふりがな」がつけられるようになったり。「コンプライアンス」というカタカナに「法令遵守」のような漢字のふりがながつけられるようになったのですから前とは逆みたいで面白い時代ですね。町名を打ってF3ファンクションキーを押すと郵便番号も瞬時に表示。

 文章校正機能の強化では
 MSDOSと打って保存しようとしたら校正機能で「MS−DOSではないですか」と指摘。たしかにそうだなと感心、感心。
 自分の作った文章には間違いや表記ゆれが多いようです。案外気が付かないことも多いようで。
 文章入力校正機能の進歩がここまで来たのでしたら、次は「〜が」「〜の」「〜に」の頻度・重複解析にまで踏み込んでもらいたいものです。つまり「が」や「の」を使いすぎですから他の言葉に代えてくださいのような。そうすればだいぶ助かります。ちょっと無理かも。
 前に不動産広告を見てましたら朝陽地区(私の事務所)にある「三陽(さんよう)中学校」が「三葉虫学校」となっていて笑ってしまいました。こんなことはもう起こらないでしょう。
 それにしても日本語は難しいものです。 

この記事へのコメント
Re:入力支援 by モリノブ

 私はワードしか知らないのですが、ときどき困ることもあります。行数や間違い表記などですが、一太郎は使い慣れていないと、難しいのでしょうね。

モリノブ様Re:入力支援 by 内藤

ワードでも辞書はATOKという人が多いと思います。私はATOKは17年ぐらい使い続けているので今では手放せません。それに進化の過程が何か面白く感じます。
一太郎でもワードでも文章は一緒ですから要は使い慣れたのが一番のような気がします。操作は財産といいますし。

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーは3sy3です。上記の「投稿キー」にご記入下さい。