社長ブログ

ブログ内検索

2008年09月04日 民間高速道路

 銀座コリドー通り付近、ここは東京の銀座数寄屋橋。近くに東京宝塚劇場、帝国ホテルなどがある所ですね。
 高速道路下に2階建店舗がひしめき合っています。地方の方ですとちょっと異様な光景にうつるかもしれません。
 そういえば東京時代、銀座の事務所で深夜まで打合せがおよんだことが何回かあって、タクシーでこの上を通って自宅に帰りましたのでちょっと懐かしくて。

20080904-1.jpg

 この高速道路はちょっと変わっています。
 百科事典ウィキペディアによると「首都高速道路都心環状線の汐留JCTと京橋JCTとの間を、銀座の街を取り囲むように走る。省略
本線が首都高速道路と直結しているために、首都高速道路の一部と誤解されやすいが、この道路は、道路法に基づく都市高速道路(旧建設省所管)ではなく、道路運送法に基づく一般自動車道(旧運輸省所管)であり、法律上は全く別の制度に基づく道路である。
大型車の通行は禁止されており、都心環状線の渋滞時には迂回路としても利用されることが多い。
道路の下に店舗(銀座ナイン・西銀座デパート・銀座インズなど)を建設し、その賃貸料によって収入を得ているため、道路利用者からの料金の徴収は行っていない。ただし、収入によって道路を維持するという点については他の民間道路事業者と変わりないため、日本有料道路協会に加盟している。」と記述。
首都高速道路ではなく、実は民間会社の経営する高速道路なんですね。私が東京にいた頃(平成4年)と現在も同じ状況のようです。通っていると気になりませんけど。
東京高速道路株式会社
http://www.tokyo-kousoku.co.jp/
 ここで注意したいのが道路運送法に基づく一般自動車道という点でしょう。これは道路法による道路ではないので建築基準法第42条道路に該当しないことになります。
 道路法によらない道路はいろいろありますね。農道、林道、港湾法による道路、鉱業法による道路、自然公園法による道路、里道(りどう・赤道)などなど。
 仕事上、道路法によらない道路を建築基準法第42条道路と勘違いしている人が多いことに気づきます。例えば広域農道のような道路ですと8〜10mくらいありますので建築基準法第42条1項道路と勘違いしてしまうからでしょうか。長野県のある市では、広域農道ですが、一部区間だけを市道認定しています。各種店舗が建てられやすくするために(私の推定ですが。)。
 もし、写真の高速道路に接する、宙に浮いたような土地があったら建物の建築は不可能でしょうか。意外と建築基準法第43条1項ただし書を応用してできないこともないかもしれません。全く架空の話ですが・・・。
参考文献:高木任之著「全訂都市計画・建築法規のドッキング講座」近代消防社刊

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはxevqです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。