社長ブログ

ブログ内検索

2010年02月23日 再開

麻績村の矢倉城から見る北アルプス。この時(2009年5月)、あまりにきれいなので高速道を降りて写しに行きました。

20100223-1.jpg

 週1ぐらいのペースならできそうと思い、ブログを再開することにしました。気まぐれなのでまた休むかもしれませんが・・・。
 休んでいる間、多くの質問・相談が寄せられてましたが、質問・相談コーナーは、都合により中止のままとさせていただきます。申し訳ございません。
 中止している1年3か月の間、
 Evaluation No34〜36論文「水害リスクと土地建物価格との関連(1)(2)(完結)」(プログレス)
 (社)長野不動産鑑定士協会誌(鑑定しなの)の寄稿文「信州をルーツとする福沢諭吉と夏目漱石」(非売品・欲しい方は協会に連絡してみてください。)

を書いてましたので、あっという間でした。
 それにH22年5月以降に発売される雑誌(EvaluationNO.37)へ掲載される予定の原稿も仕上げましたし。なんとか活動してました。
プログレス:http://www.progres-net.co.jp/index.html
社団法人長野県不動産鑑定士協会:http://www.nrknet.or.jp/index.htm

 ところで前々から気になっていたことに国道表示があります。先日、テレビの報道ニュースでアナウンサーが国道18号線と言ってました。新聞や雑誌でも国道18号線と表示されることが多いと思います。ですが国道にある案内板は国道18号と表示しています。
どちらでもいいように思えますが、何か規定があるのでしょうか。

国道18号
国道18号線

答えは道路法にあります。
道路法第5条に基づく「一般国道の路線を指定する政令」には下記のように規定しています。
「一般国道の路線を指定する政令」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40SE058.html

路線名:十八号
起 点:高崎市
終 点:上越市
重要な経過地:安中市 長野県北佐久郡軽井沢町 小諸市 上田市 更埴市 長野市 新井市

 ということは、政令に従うと国道十八号=国道18号(横書きの場合)となり、国道十八号線とはならないことに。英語ですとNational Route 18であって、National Route 18Lineではないですね。心配な方はGoogleで翻訳してみてください。
ただ、一般的には線を入れた方がわかりやすいのかもしれません。
ちょっとしたことですが、案外知られていないことかも?

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはtosyです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。