社長ブログ

ブログ内検索

2010年03月17日 砂浜道路

昨年、家族で富山県と石川県に旅行しました。その旅のひとこまを紹介します。
写真は海岸近くの砂浜道路のようす。
石川県の羽咋(はくい)市にある、砂浜を走れる素晴らしいドライブウェー(無料)。
仕事柄か、ふと”道路法の適用があるのだろうか”と。
羽咋市:http://www.city.hakui.lg.jp/sypher/www/section/detail.jsp?id=595

20100317-1.jpg

百科事典ウィキペディアによると
「千里浜なぎさドライブウェイ(ちりはまなぎさドライブウェイ)は、石川県羽咋郡宝達志水町今浜から同県羽咋市千里浜町に至る延長約8kmの観光道路である。日本で唯一、一般の自動車やバスでも、砂浜の波打ち際を走ることができる道路として、広く知られている。このため、映画やCFなどの撮影にも使われる。(省略)
 一般の自動車が走行しても問題がないのは、この海岸の砂が特別細かく、砂浜が締まっているため、普通の砂浜のように、自動車の自重で沈むことがないからだとされている。」

また、この道路、下記サイトによると
夏期に集中する利用客の安全を確保するため、本来は海岸であるにも関わらず、夏の1ヵ月間のみ臨時的に道路交通法を適用している。
【実施開始時期】 1966 年
【事例】 海岸利用者の安全を確保するための道路交通法の臨時適用
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/kankoutihairyo/15.pdf

どうも道路法にいう道路ではなさそう。
能登半島国定公園に指定(特別地域)されていますので自然公園法の適用、海岸沿いですので海岸法の適用があるようです。
それにしても世の中、変わった道路があるものです。

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはuzgcです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。