社長ブログ

ブログ内検索

2010年07月09日 中国旅行8

 上海ワールドフィナンシャルセンターのようす。
 このビルは高さ492m、最上階101階、世界第3位(中国1位)の超高層ビルで、通称せんぬきビルとも呼ばれています。当日、曇りでしたから景色は期待していませんでしたが、展望台に上がってからしばらくすると雲が流れ出して、皆々”おー”の連呼。
 高所恐怖症の私は、恐る恐る窓の下をのぞき”すごいなー”とつぶやいていました。
上海環境金融中心
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E7%92%B0%E7%90%83%E9%87%91%E8%9E%8D%E4%B8%AD%E5%BF%83
 今、高さ世界一のビルはブルジュ・ハリファビル(ドバイ)で828m(168階)、第2は台北101ビル(509.2m・101階)。1000m以上を計画中の国があるとか。
ブルジュ・ハリファ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A1

20100709-1.jpg

 日本で超高層ビルを建てる場合、航空法の規制にひっかかります。
 百科事典ウィキペディア(日本の超高層建築物)によると
「日本では未だに300mを超えるビルは建設されていない。これは耐震構造・地盤・建設費等の理由もあるが航空法に基く高さ規制が大きく関わっており、概ね空港滑走路からの距離で定まる。滑走路の中心にある標点の標高を基準に制限表面と呼ばれる高さ規制があり標点から半径4km までは標点の標高プラス45m(水平表面)、そこからすり鉢状に高くなり(円錐表面)空港から16.5kmから24kmの範囲内では標点の標高プラス 295mに制限される(外側水平表面)。」
 空港(標点)から24kmまでが295mに制限される規定となっています。
国土交通省大阪航空局:空港周辺における建物等設置の制限
http://www.ocab.mlit.go.jp/news/limit/
 その影響のためか横浜ランドマークタワーの高さは296m(295.8m)なのかもしれません。
横浜ランドマークタワー
http://www.yokohama-landmark.jp/sisetsu/tower/outline.html
 ちなみに長野市で一番高いビルは75.40m(NTTドコモ長野ビル・16F)ですが、これで十分でしょう。
熊谷組:http://www.kumagaigumi.co.jp/tech/works/office/off03.html

 私の師匠は、子供の頃(大正時代初期)、ビルのエレベーターを乗りに行くのが楽しみだったと言ってました。子供同士で勝手にビルの屋上へ行って皆々”すごいなー”と。
 当時は高い建物がなく、またエレベーター自体が非常に珍しかったとも言ってました。
 時代は変わっても案外、人間の感覚は同じかもしれません。
<参考サイト>
タワーや超高層ビルの高さ比較
http://タワー.aniki.biz/
<参考文献>
H14建築行政年報(長野市)

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはvlzhです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。