社長ブログ

ブログ内検索

2010年08月21日 最近のデジカメ

 8月盆前に新しく購入したデジカメで撮影した山々のようす。黄色に色づいたタバコの葉っぱがいい感じ。場所は信更町灰原(しんこうまちはいばら)で、前にも何回か写していますが、この辺りにくると撮影意欲に駆り立てられます。
 購入したデジカメはキャノンIXY400F(1410万画素数)。前のデジカメは1000万画素数で3年半働きづめでした。引退後は、いざというときの控えにまわります。

20100821-1.jpg

 6月の地方紙(新建新聞)に長野市の測量会社が最新鋭のデジタルカメラを購入したニュースが掲載されていました。そのカメラの内容は下記のとおりです。
 デジタルカメラシステムDMC僑隠苅亜米本インターグラフ販売)
 カメラとレンズはドイツ製
 画素数は1億3500万画素、投資額約1億3000万円
 測量精度はアナログカメラの約2倍に向上

 業務用とはいえ画素数が1億を超えてました。
 特徴としてアナログ写真では難しい日影部分の判読も可能で、撮影から地図作成まで1日に短縮(従前は5日)され、地震災害などの緊急対応にも向いているとのこと。

 私が購入したカメラの機能で驚いたのは花火や夜間の撮影が上手にできる点。前は夜間撮影時にマニュアル設定を色々変えて写してもうまくいきませんでした。涙ぐましい努力をしたのにかかわらず。
 より機能が進歩したのはいいのですが、薄くて軽いので落としそうです。

 最新デジカメの機能は、プロジェクター搭載、3DのHD動画撮影、ズーム時の画質劣化を抑えた超解像ズーム、5枚の連写の中から最適な1枚を選ぶ「ベストセレクト連写」モードなど各社とも工夫を凝らしています。
http://www.itmedia.co.jp/keywords/digitalcamera.html

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはqzaiです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。