社長ブログ

ブログ内検索

2010年11月28日 旧中条村御山里から

20101127-2.jpg

 11月21日は四男と長野市旧中条村へお菜取りツアーに行ってきました。ここ数年毎年のように行っています。子供のうち、四男(9歳)だけついてきてくれて、もっぱら野沢菜のカブ取りをしてくれました。このカブも塩漬けするとなかなかおいしくて。農産物売場には、カブが売っていませんので、無料で取れるカブは魅力でしょうか。
 15kg取る予定が18kgに。もう少し年したらつらいだろうなと毎回思います。
お菜取りツアー
http://www.nagano-tabi.net/modules/event/index.php?action=View&event_id=0000000494
 知人の話によると野沢菜発祥の野沢温泉村でさえ、最近野沢菜を漬ける人が減っているとのこと。
 それに栽培農家の話ですと「毎年、栽培する農家が減っていて」と。
 ふと、統計はどうなっているのだろうと思い調べました。
 
 実際、農林水産省市町村別データ長期累年の耕地面積によると旧中条村の畑耕地面積(普通畑)は、1993(平成5)年255ha、2006(平成17)年228haですから、12年間に27haも減っています。それに現在、野沢菜の統計データはありませんが、漬け物にすることが多いハクサイの生産量では1993年47t、2004年27tと11年間に約40%も減っています。
 野沢菜やハクサイは重いですし、高齢化が進むと生産が減るのも仕方ないかもしれません。
農林水産省(市町村別データ 長期累年)
http://166.119.78.61/j/tokei/kouhyou/sityo_tyouki/index.html
 野沢菜の根元付近が一番おいしく、私が小さい頃は、親から”葉っぱから食べなさい”と言われました。商売をしていた関係から、”お客さんが来たら一番おいしい所を出すから”と。
 地域柄、来客があるとお茶と野沢菜と出す風習がありましたが、最近、減りつつあります。これも時代の流れでしょう。
関東農政局/フォトレポート(中条村の野沢菜)
http://www.maff.go.jp/kanto/chiikinet/nagano/photo/

 今年、最後のブログとなってしまいました。再開してから、”なんとかここまで持ちこたえた”という感じでした。
 また、来年、再開できればいいなと思います。

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはaxceです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。