社長ブログ

ブログ内検索

2011年08月02日 災害危険区域1

 7月31日は、家内の関係(アレルギー親の会)から家族全員(長女除く)で東日本大震災の被災地(岩手県)へ炊きだしの手伝いに行ってきました。
 私達が担当するのは工作作りやフリスビー遊びといったコーナーでしたから、たいしたことはできませんでしたが、それでも小さな子供が喜ぶ顔を見てほっと。
辻安全食品株式会社
http://ameblo.jp/kc1/
 写真は岩手県陸前高田市の被災現場のようす。
 被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。そして、亡くなられた方々に心よりお悔やみを申し上げます。
 帰り道にあった被災現場で車を止め”あそこまで水が来たの”と絶句。建物4階天井の赤線まで水がきたようですので高さはおよそ12m程度。
 近くにあった道の駅(高田松原)内部はめちゃくちゃ。周辺では、泥の中にホタテの貝殻やガラスが多く混じっていましたほか、絵筆、文房具(ボールペン、クリップ等)、瀬戸物なども。声にならないさみしさがありました。
道の駅(高田松原)
http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/iwate/iw02.html

20110802-1.jpg

 4月19日朝日新聞に岩手県は、被災した沿岸12市町村に災害危険区域の指定をして、建物の建築を制限するよう求めたニュースが掲載されていました。
朝日新聞(asahi.com)
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104170299.html
 災害危険区域というのは、津波、高潮、出水等による危険の著しい区域として地方公共団体の条例で指定された地域をいいます。
 長野県飯田市には以前、災害危険区域条例(第1種建築禁止、第2種堅固建物可)がありました。この条例は、天竜川の水害を防ぐために定められたもので、1966年指定、1997年一部廃止(龍江地区)、2002年廃止(川路・竜丘地区)されました。指定してから全部廃止されるまでなんと36年。水害のあった場所に盛土をしたり、区画整理を実施したりしましたから廃止までに長い年月がかかりました。途中、再度水害がありましたし。
 ちなみに最近、川路地区の石碑をブログ(源氏伝説1)でとりあげました。
 ほかに災害危険区域は下記の市町村で定めています。
 長野県中野市の夜間瀬川
 大阪府(1・2種)、名古屋市(1〜4種)、札幌市(1種居室床を道路より1.5m以上・2種同1m以上)
 青森県弘前市(旧岩木町) の蔵助沢川(地盤高は管理道路の高さより50cm以上高く)
 北海道札幌市の厚別川等
 島根県美郷町(旧大和村)の江の川
 島根県黒石市の浅瀬石川等
 岩手県一関市(旧川崎村)の千厩川
 福島県二本松市(旧安達町含む)の阿武隈川
 福島県南部町(旧名川町)の馬淵川
 三重県紀宝町の相野谷川
 この中で、岩手県一関市(旧川崎村)の災害危険区域に関する条例(川崎村条例による災害危険区域)は、区域内における一定水位以下の出水による災害を未然に防止するため、建築物の敷地及び構造に関する制限をおこなっています。
 この条例によりますと住宅の建築を全く禁止しているわけではなく、地盤面の高さを一定(基準高、標高17.9m等)以上確保すれば建てられるように規定しています。北上川に注ぐ千厩川(せんまやがわ)沿い周辺に水害が発生したことから規定されたようです。
 炊きだしから帰る途中、千厩という地名があったので”なんと読むのだろう”と思い、印象に残った地名でした。
一関市災害危険区域条例
http://www1.g-reiki.net/ichinoseki/reiki_honbun/ar20504491.html
 最近、宮崎市や延岡市で多くの地域が水害のため災害危険区域の指定を受けています。
宮崎市
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/www/contents/1193619372960/index.html
延岡市
http://www.city.nobeoka.miyazaki.jp/contents/toshi/kenchiku/kikenkuiki/index.html 
 長くなりましたので、続きは次回に。源氏伝説は後回しにします、いつでもいいネタですので。
建築基準法【災害危険区域】
第39条  地方公共団体は、条例で、津波、高潮、出水等による危険の著しい区域を災害危険区域として指定することができる。
2  災害危険区域内における住居の用に供する建築物の建築の禁止その他建築物の建築に関する制限で災害防止上必要なものは、前項の条例で定める。
<参考サイト>
災害危険区域条例集−出水・津波・高潮−
http://dil.bosai.go.jp/publication/nied_tech_note/PDF/KJ-01_049.pdf

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはnmc8です。上記の「投稿キー」にご記入下さい。