社長ブログ

ブログ内検索

2011年10月07日 ブドウ

中野市梨久保で写した田園風景。晴れた日には絶景になります。

20111007-1.jpg

 最近、種なしの巨峰やピオーネが市場に出回っています。前に種なし巨峰を食べましたら甘いので驚きました。年々、品種改良が進んでいるようです。
 前、子供達に種ありデラウェアをあげましたら1、2粒食べて"もういらない"と。今の子供達にとって種ありブドウは確かに食べにくく。
 小さい頃、種ごと食べると盲腸になると言われ、丁寧に種を出していました。口や手を汚しながら。
 あと5年もしたらブドウというと種なしが一般的になるような気がします。

 下記サイト(果物ナビ)によると
「ブドウの作付面積の1位は「巨峰」で主産地は長野県(約1,733ヘクタール)。2位は「デラウェア」で山形県が主産地(約1,166ヘクタール)、3位は「ピオーネ」で岡山県(約951ヘクタール)が主産地です。」と説明。巨峰といったら長野県のようです。
 作付面積は、巨峰35%、デラウェア20%、ピオーネ14%とこの3種で約70%近く占めています。ピオーネは巨峰とマスカットの交配品種といいますからどの果物も交配が花盛りのようです。
果物ナビ(ぶどう)
http://www.kudamononavi.com/zukan/grape.htm

最近、食べ切りサイズのプチ巨峰まで登場しています。
http://www.ja-sukou.iijan.or.jp/about/young/2010/07/post-2.php
ちなみに”プチ”はフランス語で小さいという意味だそうです。
日本語俗語辞書
http://zokugo-dict.com/28hu/petit.htm

 私の事務所から1.8km先にぶどう園がありまして背丈の低い木が立ち並んでいます。長野市で開業したての頃、こんな雪の降る所に大丈夫かなと思っていましたが、知人から”ワインの生産地は温暖化の影響で北上しているみたい”と言われ、納得しました。ブドウにも時代の流れを感じました。
サッポロビール株式会社(長野古里ぶどう園カベルネ・ソーヴィニヨン)
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/S192/index.html

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはba2wです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。