社長ブログ

ブログ内検索

2012年05月24日 広島への旅

 長らくご無沙汰しておりました。
 今年、始めてのブログになります。久しぶりですので、アップロードの手順を忘れてしまいました。
 5月上旬に発売されたEvaluationNO.45(プログレス)に「土砂災害リスクへの対応と固定資産評価における土砂災害警戒・特別警戒区域補正率」を投稿しています。これは、昨年研修会講師を務めた内容(四国・静岡県)をまとめたものですが、一部加筆、修正しています。
 興味のある方はご一読を。
プログレス:http://www.progres-net.co.jp/evaluation/

20120524-1.jpg

 5月10日、11日は広島県不動産評価システムの招きで広島市へ出かけ、研修会の講師(題名:所要の補正、土砂災害と固定資産評価上の留意点)を務めてきました。準備、手配等に奔走された関係者の方々に感謝申し上げます。
 特にレジメと資料で56枚におよびましたからご迷惑をおかけしました。
 研修会の資料がもったいないので加筆、修正して出版社(プログレス)に投稿しました。その内、形になると思います。
 写真は、広島市佐伯区の住宅団地の近くで起きた災害現場付近。土石流が2つのえん堤及び沈砂池を乗り越えて災害(H11年)が起きました。住宅の前に2mの巨石が転がっていた写真を見たのが訪れるきっかけでした。行ってみますと木が生い茂っていて地形をわかりにくくしていると思いました。
 ただ、沈砂池だけが特別警戒区域に指定されていましたから意外な感じに。

 2月〜5月は2つの大容量原稿(計57,500字)の仕上げ作業に追われていましたが、5月21日にやっと提出できました。当初、「水害リスクへの対応」を執筆していましたが、考えがまとまらないのでボツに。そのため最終原稿が延び延びになってしまい、編集部にご迷惑をおかけしました。
 原稿ができて読み返してみると出来は「いまひとつだなー」といつも感じます。

 今年8月と来年3月に研修会の講師を務める予定ですが、それをもって研修会の旅が終わりそうです。
 今年、地区公民館の総務部長を務めてますので雑用が多く、ブログの更新はあまりできないと思います。

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはu60qです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。