社長ブログ

ブログ内検索

2012年06月13日 記号の思い出

前回の場所(長野市鬼無里の大望峠)から向きを変えた写真。鬼無里(きなさ)の集落が点々としています。

20120613-1.jpg

前回の続き。
新競売評価書標準書式では ≒ の記号を使わず = を使うよう指示しています。
≒ の読み方は”ホボヒトシイ”
記号の読み方辞典
http://hiramatu-hifuka.com/onyak/onyak2/kigo-1.html

々は漢字ではなく、記号でした。
「々」の読み方
http://www2.plala.or.jp/kamkamkam/gimon4/no187/nun.htm

〃は表の中で用いる記号。ただ、表ではない文章の場合、「同上」とします。
例 内藤武美
   同上

 それに何筆もある同じ所在の不動産を表示する時、「所在 同所」としますが「所在 〃」とはしませんね。
例 所在 北尾張部842番
  所在 同所841番

そういえば、前にソフトの使い方についてサポートセンターに問い合わせていた時
”や:の読み方がわからず、うまく言えなかったことを思い出しました。
”=ダブルクォーテーション
:=コロン

昔、人のメールアドレス(例 naito_takemi)を入力する時 _ がついていて困りました。
_ の入力の仕方がわからなかったからです。センターラインやマイナスでもないし。
_=アンダーライン

!=イクスクラメーション
昔、!(感嘆符)はどうやって入力したらいいのか悩みました。
今では文字パレットから探したり、手書き入力でできたりと簡単ですが・・・。

@も読めませんでした。
パソコンのキーボードの読み方
http://homepage1.nifty.com/tabotabo/ccc/kigo.htm
今日は、記号の思い出話になってしまい、失礼しました。

しばらく休んでから歴史災害シリーズを始めます。

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーは3vtnです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。