社長ブログ

ブログ内検索

2012年06月25日 50m

写真は、またまた中野市梨久保から。これで田の写真は終わりました。

20120625-1.jpg

最近、心がなごんだことが2つありました。
1 コーヒー豆の表示
 昨年12月にオープンしたコーヒー豆販売店に行った時、豆(タンザニアアデラ)の説明にこうありました。
”甘い香り、濃厚なコク。すっきりとした後味、芳醇(ほうじゅん)な香気と円熟した酸味と滑らかなコク”
 いろいろ書いてありますので飲むとき、悩んだり考え込んだりしそうです。
 後で飲んでみましたら”すっきりとした後味”は的を射ていると思いました。
 味を字で表現することの難しさを実感しました。

 話しは変わりますが中国茶の味の表現も難しそう。
 ALL ABOUT(お茶の味わいを表現する2)
 http://allabout.co.jp/gm/gc/218772/3/
 そのうち、コンピューター解析による味の表現が具体化するでしょう。

2 案内板の表示
 先日、調査の最中、T字路を曲がるとき案内板(数字は変更)にこうありました。
”〇〇店まで422m”
普通、400mとか450mだと思うのですが・・・。
 正確すぎのような感じで思わず心がなごみました。

 また、話しは変わりますが、地価公示の標準地表示で最寄駅の距離が50m以内の場合、「近接」とします。つまり、長野駅50m=長野駅近接のように。
 前に、この50mの根拠を調べたことがあります。
「なぜ、50mとしたのか、30mや40mではいけないのか」
結局、結論は出ませんでした。
 ただ、市街化調整区域の50戸連たん、農用地区域から50m以内、騒音基準、河川保全区域(河川法)、海岸保全区域(海岸法)などに50mの規定がありますので、昔、50m以内は近かったような印象を受けました。

<参考サイト>
松本市都市計画法に基づく開発許可等の基準に関する条例
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/shisei/matidukuri/kaihatu/kaihatsukyokazyourei.files/zyoureibunn.pdf
都市計画法に基づく開発許可等の許可の基準に関する条例許可基準(佐世保市)
http://www.city.sasebo.nagasaki.jp/www/contents/1099961648859/files/kyokakijun.pdf
河川法
http://www.houko.com/00/01/S39/167.HTM
海岸法
http://www.houko.com/00/01/S31/101.HTM
基線場設置の意義
http://www.geocities.jp/toppobanasi/page106.html

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーは7w0zです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。