社長ブログ

ブログ内検索

2012年07月19日 馬の思い出

写真は小川村成就から。前回より上に登って写しました。もちろん車で。

20120718-1.jpg

さらに上に登っていきますと有名な明松寺及び馬事公苑があります。私は、子供の催し事(10年ほど前)でこの馬事公苑を訪れたことがありました。馬術の好きな著名人が訪れることで知られています。
 もうすぐ行われるロンドンオリンピックでは、この寺出身の佐藤賢希選手が日本代表(障害馬術個人)として出場します。現役の住職ですので、雑事が多い中、練習がたいへんだったことと思います。賢希選手の父正道さんは幻のモスクワ五輪代表ですから、親子してすごいものです。
 2008年北京オリンピックは2次予選敗退(弟の英賢選手)でしたから、今回はそれ以上を期待されています。
オリンピック日本代表団(馬術)
http://www.joc.or.jp/beijing/athlete/equestrian/index.html
曹洞宗
http://www.sotozen-net.or.jp/syumucyo/20120328.html
BLUETAG.JP(ホースライダー)
http://bluetag.jp/contents/athlete/no0033.html

 私が小学生の頃、父が製材業を経営していて、山の木を運搬するため馬を2頭飼っていました。
 エサの飼い葉をあげる時、腕ごと食べられてしまいそうで怖かったことや馬が死んだ時、埋めに行くのについていったことを思い出します。それに初めて馬に乗った時、あまりの高さに怖くなり、すぐ降りたこともありました。父は満州に8年間行っていましたから乗るのが上手でした。今考えてみれば鞍や馬具がないのによく乗れたものと思います。
 今となっては貴重な経験でした。
追記
一部記載に誤りがありましたので訂正させていただきます。失礼しました。

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはtd7rです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。