社長ブログ

ブログ内検索

2012年09月19日 論所

写真は前回同様長野市塩生乙の小渕から。

20120919-1.jpg

長野市丹波島1丁目に「論所(ろんしょ)」という地名があります。
これは文献(更北地区の地名)に
”寛政元年(1789)6月の犀川洪水で、割目西端と上氷鉋村との境界周辺の用水が埋没し、文化8年(1811)から翌年まで境界紛争が行われた。幕府直接の裁きで上氷鉋の勝訴となった。この紛争地となった上氷鉋村地籍の一部と割目の一部を含めて「論所」と呼ぶようになった。”と説明があり納得。
 また、割目(わりめ)も”往時犀川支流が数条流れていたものを丹波島宿設置のころ治水が行われ、耕地となった地域と思われる。その際、耕地を整然と区画したことから「割目」と呼んだものであろう”とありました。

 下記サイト(内閣府)にも
「中条堤によって守られる下郷が中条堤を防御し、被害を受ける上郷が撤去しようとするため、論争・紛争がおこり別名「論所堤」と呼ばれた。」
とありますから山の争いだけでなく、水害関係にも論という字は深い関係がありました。
内閣府 防災情報ページ
http://www.bousai.go.jp/jishin/chubou/suigai/6/shiryou_3.pdf

<参考サイト>
高麗川の古い堤防
http://www.geocities.jp/fukadasoft/bridges/komagawa/river/index2.html
<引用文献>
更北地区地名調査委員会編「更北地区の地名」25p

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはdvdsです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。