社長ブログ

ブログ内検索

2015年11月28日 地盤研修

長野市大岡(修正)から。長野市西山地区から見る北アルプスもいいですね。

20151128-1.jpg

11月20日に東京で開催された下記研修会に参加しました。
「第9回これからの戸建て住宅基礎・地盤技術講習会」
主催:総合土木研究所
題目
 ―斬霎能表示制度の改正と液状化への取り組み
◆‖だ宅地における調査・設計・施工上の留意点
 擁壁に近接した住宅の調査・設計・施工上の留意点
ぁ〃梗价呂砲ける住宅基礎の調査・設計・施工上の留意点−豪雨や地震対策のための取組み
 今年4月から住宅性能表示制度が改正され、住宅購入者等に対し液状化に関する情報提供がされることになりました。
 具体的に液状化に関する参考情報は、下記事項が該当(下記PDF資料引用)します。
・地方公共団体等が公表している液状化マップ、被災履歴の情報
・地盤調査の記録−ボーリングデータ等
・液状化対策工法の情報
国土交通省:2.液状化に関する情報提供
http://www.mlit.go.jp/common/001007984.pdf
国土交通省:宅地防災−データベース
http://www.mlit.go.jp/toshi/toshi_fr1_000013.html

 改正された背景には、東日本大震災による戸建住宅の液状化被害が多数発生したことがあります。
 地盤調査専門の研修会ですので専門的な言葉がありましたが、私でも理解できるすばらしい内容でした。
 また、主催者の挨拶や講師の経歴に全く時間をかけないで、いきなり研修に入るスタイルは新鮮でした。
 業界外の研修のため単位はもらえませんが、また参加したいと思いながら長野へ帰りました。

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはzcghです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。