社長ブログ

ブログ内検索

2016年01月28日 準工業地域

写真はまた須坂市から。橋のラインがいいですね。

20160127-2.jpg

 長野市若里地区にビッグハットがあります。ここの用途地域は準工業地域に指定されています。
 私の感覚ですと準工業地域=容積率200%ですが、変わっていることに、ここの容積率は300%に指定されています。
ビッグハット
http://www.nagano-mwave.co.jp/bighat/

 準工業地域で容積率300%のところがほかにあるのかと思いネットで調べましたらありました。
 大阪の門真(かどま)市では、準工業地域の従来建ぺい率60%・容積率200%であった箇所を一定の要件を満たす場合、建ぺい率80%(敷地面積300嵬に・緑化率等)・容積率300%(敷地面積300岼幣紂ξ于塾等)に緩和しています。
門真市−みどりの地区計画の概要(建ぺい率・容積率の緩和型地区計画)
https://www.city.kadoma.osaka.jp/machizukuri/machizukuri/chikukeikaku/midorinochikukeikaku.html

 都市計画法では準工業地域の建ぺい率を下記のように定めていますから、建ぺい率80%の準工業地域があっても確かに不思議ではありません。
・建ぺい率:50%・60%・80%
国土交通省(みらいに向けたまちづくりのために)
http://www.mlit.go.jp/common/000234476.pdf

 また、準工業地域の容積率を下記のように定めています。
・容積率:100%・150%・200%・300%・400%・500%
 実際、大阪市浪速区桜川公園付近は準工業地域(建ぺい率60%・容積率300%)、近くの桜川郵便局付近は準工業地域(建ぺい率60%・容積率400%)に指定されています。
 容積率300%や400%の準工業地域は地域によって違和感がないことを実感しました。
<参考サイト>
地図情報サイト−マップナビおおさか
http://www.mapnavi.city.osaka.lg.jp/webgis/index.html

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーは1qd5です。上記の「投稿キー」にご記入下さい。