社長ブログ

ブログ内検索

2016年05月24日 道路の重複認定

 写真は高山村の万座道路より。
 この日は久々にさわやかな気持ちになりました。

20160524-1.jpg

 前に県道と市道が重複して認定されている路線を見かけました。どちらも認定されたまま長期にわたって重複しています。
 路線の重複については道路法第11条に規定があり、どちらが道路管理者になるかが定められています。実際、道路を折半して管理するというのもおかしな話で、占用許可を得るとき複雑になってしまいます。
<例>
国道と県道が重複 → 国道
県道と市道が重複 → 県道
県道と町道が重複 → 県道
 通常、県道が市道にも認定された時、県道は廃止されることが多いですが、手続上道路工事(例:路肩・歩道工事)が絡むと一時的に重複して指定されます。確かに3月31日まで県道、4月1日より市道認定にすると市道の工事が困ってしまいます。
 不動産の調査において路線の重複には注意が必要です。
<道路法>
(路線が重複する場合の措置)
第十一条  国道の路線と都道府県道又は市町村道の路線とが重複する場合においては、その重複する道路の部分については、国道に関する規定を適用する。
2  都道府県道の路線と市町村道の路線とが重複する場合においては、その重複する道路の部分については、都道府県道に関する規定を適用する。
3  他の道路の路線と重複するように路線を指定し、認定し、若しくは変更しようとする者又は他の道路の路線と重複している路線について路線を廃止し、若しくは変更しようとする者は、現に当該道路の路線を認定している者に、あらかじめその旨を通知しなければならない。

<参考文献>
道路局路政課「道路法令関係Q&A 路線の重複」
<参考サイト>
道路の区域の決定−道道資料北海道
http://www.dodoshiryo-hokkaido.info/column/zone01.htm

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはl2zfです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。