社長ブログ

ブログ内検索

2016年12月08日 信之の決断

白馬村のオープンガーデンから。
水車がいい感じです。写したのは3年前ですから大地震前になります。

20161208-1.jpg

 大河ドラマ「真田丸」の放映を毎週楽しみにしています。もうすぐ終わりですが、先日、真田信之・信繁兄弟の家来についても記載してある文献を買いました。
 中でも堀田作兵衛が実在の人物だったのには驚きました。大河ドラマでは実在と架空(例:佐助)の人物が入り交じっているので架空の人物と思っていました。
 下記文献に
「堀田作兵衛は真田信繁が大坂に籠城したのを知ると、上田領長窪に妻と娘一人、老母一人、舅一人の四人を残して出奔、大坂で信繁と合流し戦死した。(略)信繁の家臣となった堀田作兵衛の妻子や老母、舅は上田から京都に送られ、後に処刑されている(信27五八四、平山・2015年◆法」
とあります。
 信之は弟信繁への内通疑惑を晴らすために厳しい処分を下したようです。信之にとって悲しい決断だったことでしょう。
 当時は連座制ですから親族にも罪がおよぶ時代だったようです。

<引用文献>
平山優「真田信之 父の知略に勝った決断力」pp.329-331,PHP新書,2016年

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーは527kです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。