社長ブログ

ブログ内検索

2006年04月12日 会社の商号

20060412-1.jpg

写真は飯綱高原湿原のリュウキンカ(H15/5/24撮影)
今日は商号のはなし。
 先日、ダイレクトメールがきて捨てようと思ったら変わった商号であったので、興味深く見てしまいました。ABC2002株式会社のような、ローマ字とアラビア数字を組み合わせた商号になってたからです。
 平成14年11月1日から登記する際、商号にローマ字、アラビア数字、カタカナを使用可能。この前に登記した会社は、ローマ字やアラビア数字をカタカナにしてました。例えばライブドアは、正式名を株式会社ライブドア(英文社名:livedoor Co., Ltd.)としているように。
下記ホームページでは、登記に用いることができる符号について次のものを告示。
符号:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji44.html
ローマ字使用:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji44-01.html
ローマ字(大文字及び小文字)
アラビヤ数字
「&」(アンパサンド)
「’」(アポストロフィー)
「,」(コンマ)
「−」(ハイフン)
「.」(ピリオド)
「・」(中点)
上記の符号は,字句(日本文字を含む。)を区切る際の符号として使用する場合に限り用いることができます。したがって,商号の先頭又は末尾に用いることはできません。ただし,「.」(ピリオド)については,省略を表すものとして商号の末尾に用いることもできます。

 電話帳で見てみたら、いっぱいありました。ただ、従前の商号で使用しているカタカナをローマ字にするには商号変更登記が必要のためカタカナのままも多いようです。例えばライブドアがLive doorに商号変更登記するには億単位のお金が必要でしょうし。
 実務上、ローマ字をカタカナにすると字数が長くなったり、意味のわかりにくいことも多かったような気がします。例 ラン株式会社 花の会社?でなくLAN株式会社 
 ちなみに株式会社の英文表示については、文献(「定款規定の事例分析」別冊商事法務276号14項参照)によれば以下のとおり。
Company Limited 英国系の会社に多い
Corporation 米国系の会社に多い
Incorporated 米国系の会社に多い
 私の数少ない経験上、外国会社の上記´↓は商号の最後にくることが多いようです。 例 Naito office Company Limitedのように

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはnq2rです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。