社長ブログ

ブログ内検索

2006年04月13日 ドライブレコーダー

20060413-1.jpg

4月12日は久しぶりの晴れ間、長野市西長野のカタクリ群生地で撮った写真
 パソコンの雑誌「週刊アスキー」にドライブレコーダーの広告が載っていました。
WITNESS:http://www.witness-jp.com/
 要約すると事故が起きた瞬間の前後、あわせて20秒を自動録画。事故の発生状況と原因を動画で記録。JPEG画像で構成、自動車版フライトレコーダーで万が一の事故の時にはビデオ画像と自車の走行データが運転者の正当性を明確に証言してくれる味方となるとのこと。値段は書いてないのでわかりませんが、宣伝文句「カーナビ、ETC、その次は?ドライブレコーダー」もなるほどと感心しました。
 地方の不動産鑑定士にとって、年間の自動車走行距離は数万キロ。私も含めて3年で更新している人は多いと思います。
 2年前、カーナビを初めて装着。以前、鑑定士なら地図で十分と思ってましたから付けるのに決心がいりました。担当販売員の「カーナビはバックモニターがとても便利ですよ」という言葉にも魅了し付けてみたらこれが便利。バックするとき、背後に子供がいるかどうかモニターで確認できますし、駐車場に止めるときにもぎりぎりまでできます。また、フロント部分にセンサーが2箇所ついていて人や物が近づくと警告音を発してくれてたりと。
 今はフロントモニターまであるとか。時代は気がつかないところでどんどん便利になっていくようです。

この記事へのコメント

書き込んでいただいたコメントは、管理者の確認後に公開させていただきますので、ご了承下さい。

お名前
E-MAIL(非公開)
URL
タイトル
コメント
  投稿キー    [キー入力]
 
迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはslypです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。